スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ基本戦略part3 即交易直行即3編

今回は直行即3の上位互換とも言える即交易直行即3編!
操作量もそんなに要らないので直行即3に慣れたら是非試してみてください。

ただし、この戦略は交易マップであることはもちろん、初期木材200が絶対条件になります。
初期木材200がない時に即交易は絶対に駄目です!Ⅱ入りが遅すぎて普通に死にます。

Ⅰの時代
初期木材200を回収して馬車農民2または馬車農民1+生産農民1で木100を回収します。
リプレイでは自陣近くの交易所をとっていますが、真ん中の交易所をとって相手に2つ目の交易所を交易所を取らせないようにするのも有効。
即真ん中の交易所をとるとすぐに経験値がもらえるという話を聞いて挑戦したのですが、すごいタイミングがシビアで、私の操作量では捕らえ切れませんでした。

木100集めたらあとは全力で肉。進化時間は5分前後。
Ⅰの時代にもう一度カードがきますがそれは温存。

農民が多少止まりますが、その分、後のピークが強いので気にしないでいいです。
もともと内政のない直行即3にするなら、16人進化にして、進化速度を速めるのもありかも。

Ⅱ入り中
直行即3同様、馬車農民で木200だけを集める。
そして、交易所をもう1件追加

あとは即3と一緒。Ⅲ入りは7分50秒前後


★即交易直行即3のメリット

・カウンター能力が非常に高いのに、木700が切れる!
木700を切った後、Ⅲ入り中6分20秒あたりカードが来るので、例え相手が即3潰しに7分~軍ピークを合わせていてもカード軍で受けることができます。

また、交易が中央に存在することによって相手が交易を割りに来てくれる可能性があるので
交易を1つ確保しながらも相手の進軍を大幅に遅らせることができ、内政を止められません。
経験値は十分確保できるので、木200で内政を止められないなら資源的にも十分元が取れますし、
その後の展開も有利に戦えます。

操作量が余るなら、石弓カードを切ったりキャンセルしたりするのもあり。
ただし、石弓をキャンセルし損ねたときのガッカリ感は異常。
相手が馬セミならウーラン5を切って受けるのも有り。

まだ実践で試していませんが、木700の前にウーラン5を切って受けることができるなら、セミに弱いという即3の弱点を克服することも可能かもしれません。
相手がⅢ入り前までに来ないならⅢ入り後に強力なⅢの軍カードを連打。
こうすることによって木700を切って内政を整えているのにも関わらず強いカウンター能力、そして、通常の即3よりかなり速い軍ピークがきます。

・金1000→強力な傭兵が可能に!
正直、いつもスカミ8の後は軍カードを感覚で選んでました。
でも今回は実践で使うためにガチで考えました。

カード手順は
スカミ8→戦闘馬車3(戦闘馬車の操作に自信がないならウーラン9)→金1000→イェガー13

リプではイェガーが届くタイミングがめちゃくちゃ微妙ですが、
進化スカミ6+スカミ8+生産・おまけベテランウーラン+追加の戦闘馬車3の軍量ならたいてい押せるはず。
そこで稼いだ戦闘経験値があればもっと早く金1000+イェガーがきれるので、イェガーがくればかなり有利に戦闘を展開できるはずです。

★デメリット
Ⅱ入りとⅢ入りが10秒~20秒くらい遅い。
カード頼りなので内政が弱い。

★カード手順
馬車農民2→金700→木700→(Ⅱの軍カード)→スカミ8→戦闘馬車3→金1000→イェガー13

この戦略は下士官はもちろんですが、ドイツが即市場セミFFが主流になっている(私がそう思っているだけかもしれませんが)尉官の間でも猛威を振るう戦略になるんじゃないかなと個人的に思っています。

リプレイ(今回のcomは「非常にやさしい」)
http://aoe3.jpcommunity.com/aoe3/reply/index.php?mode=Main_Detail&id=AJCR11706_unknown

追記
実際使ってみたところ今のところかなりいい感じです。
相手が全力Rだった場合、木700の一枚目を切った後のカード軍の戦闘経験値のおかげでⅢ入りに合わせてスカミを守るカード軍がもう1枚切れる。
木700を切らずに軍カードを優先するか、木700を活かして裏に馬車農民1を逃がしておいて市場を建てることによって民兵代を確保することも可能です。市場を建てた方がラッシュ受けが簡単になるかも。

さらに、相手がラッシュじゃなかったとしても、即3の軍カード連続切りはかなり強力。
そして、本来なら息切れするはずの時間に届くイェガーが強すぎますw
イェガーってインペリアルニードルスカミッシャーと同スペックだったんですね。
イェガーが届けば歩兵対決でまず負けなくなります。

このオーダーじゃなくても、余った木でTCを増設して、攻め手に困ったら金1000をきってイェガーを呼ぶの有効だと思います。
金1000をきらず自力で金1000を集めるのもいいと思いますが、
後半戦ならともかく、対馬が足りない時間に馬を生産しないのはオススメしないので金1000を切ることをオススメします。

追記2:布団に入ったはいいが、眠れないので追記
だいたい5~6戦くらい使って、負けたのは少佐インドさんに1回くらい。
相手がハサーセミだった場合は木700キャンセルして、カードウーラン5で十分受けられます。

交易建築後、相手がハサー出してるか確認するために、探索者を敵陣に歩かせるのは絶対条件。
相手がウーランカードを予想してなくて喰えちゃうこともあるし、カウンター警戒して内政止めるだけの場合は、ウーラン5を当てずにひたすら我慢。
ハサー喰えても相手は追加のハサー出してくるので、そこは民兵とウーランを合わせてハサーを喰う。
喰えなくても追い払えるはずです。

ただし、ウーラン5を先にきった場合、人口枠がかなりきついのでⅢ押した後は民兵代集めて全力で木こるのが吉です。
あと、イェガー呼ぶのは結構時間がかかるので、戦況によっては金1000切る前に軍カードを何枚か挟んで前線を保てるようにした方がいいっぽいですね。
その間、交易追加できるならしたい。
私は押せる時間は相手TCまで詰めて押していますが、軍を消耗し過ぎた感があるのでイェガー信じて詰めすぎない方がいいのかな?そこら辺は分かんないですw
でも、軍カード挟んでも操作頑張れば十分勝てそう。

インドに負けたのはニューイングランドで、序盤から交易2件割られて、3入り後は一進一退の攻防戦の末、結局30分ゲーで内政負け。
交易2件割った軍量が半端なかったから、そのままTC詰められるよりは大分戦えたはず。
イェガーいなかったら、多分押し返すことは無理だったと思うからイェガーが弱いわけじゃないはず
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。