スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ戦略論 そもそもaoe3ってどんなゲーム?

aoe3ロゴ3

ラウラ

今回はAoE3ってどんなゲーム?の講座。
本当はやってはいけないこと講座を終わらせないといけないんだけど、戦略論が書きたくなったからこっちから書くw
あくまで自分は尉官なので、上の階級の人はもっと違った考え方を持ってるかもしれません。ですから、あくまでも参考程度にしてくださいw

配信でよく、これどういうゲームですか?っていう質問に対して戦争するシムシティと答えることが多いと思います。事実、街づくりをして内政をして軍を出して相手の町を攻撃するというまさにバトルシムシティ!
しかし!このゲーム、対人戦であり、戦争をするゲームであることからシムシティとは違っためちゃくちゃ奥の深いゲームなんです!
*私はシムシティをやったことありません。ニコ動で動画でみたくらいです。

そもそもなぜ戦争は起こるのか?それは限りある資源を独占するための所謂経済戦争なのです。
軍とはそもそも相手の脅威から自分の内政地を守るために、または奪うために存在するのです。
スペインは強力な軍であるスペイン無敵艦隊を維持することによって海上覇権を握り、内政地を確保できたんですね。
ちなみにスペインはアマルダ海戦でイギリスに大敗した後も無敵艦隊を再建・維持し200年間、海上覇権を押さえています。一度失った軍を再建できる、これが内政力っていうやつですね。
イギリスが海洋覇権を握ったのはいち早く産業革命した後、まあAoE風に言ってしまえば、Ⅲステイであっちこっちと戦って軍を消耗していたところに、いち早くⅣ入りしたイギリスに内政地を奪われたでござる。。。内政力なくなる、オワタ!w

あれ?AoE3ってまさに経済戦争じゃないですか!

初心者の皆さんはまず相手のTCを割ることを目標にしますよね?でもなんでTCって割らないといけないんでしょう?
答えは、TCは内政の拠点であり、防御の要であり、重要なカードの搬送ポイントだからです。
内政の拠点というのはTCが農民生産の場であり、防御の要とは農民を収納できる場であることを意味します。
ですから、みんなTC付近で内政を行うのです。そしてTCを攻めるのは、経済活動を行う農民が必ずそこにいるからです。
ちなみに、これらの条件を他でカバーできる海騎士王戦術でTCを捨てるのは実に合理的な考えと言えます。
まあ、海騎士王戦術は特殊なので置いておいて、TCを攻めることは実に合理的なことのように思えます。
でもちょっと待ってください。自陣周りの資源ってマップにもりますが10分~12分もすればなくなりますね?
じゃあどうするかというと他の内政地に移動しますよね?あれ?TCの防御の要の意味がまったくないじゃないですか!
カードの搬送ポイントとしての役割は前哨(木250)で事足ります。農民の生産は資源が取れなければまったく意味がありません。
つまり防衛能力の高いTCにわざわざ攻める理由はまったくないのです!
ということは、10分~12分以降、初期TCの価値は急激にさがるのです
ただしTCには時代進化の役割も果たすので、相手が時代進化狙いなら事情は変わりますw
あと、実際TC周りには家だったり小屋だったりと守る重要建物があるのですが、そんなものはファルコが出て比較的安全に建物が割れる文明が攻めればいいんです。
攻城能力が低いドイツはとにかく農民を倒しに行きましょう。相手の内政を抑えれば、こちらの内政が上回るまさに引き算の原理。それができなければ、5分後にはこちらの軍を上回る軍がこちらの内政を抑えにくるのです。
基本的にこのゲームの攻撃優先順位は軍→農民→建物となっています。状況によって変わりますが、基本はそうです。
この軍を生み出すのが農民の経済活動です。その根本を止めてしまえば、自然と軍は出なくなり、更に内政地を失っていくのです。よって、内政する側も軍を出して防衛能力を高める必要があります。
つまりAoE3も限りある天然資源を奪い合う経済戦争なのです。だから相手のTC以外にも天然資源がどこにあるかというマップの探索が重要になってくるのです。

AoE3では相手のTCの位置は大体決まってます。基本的に自分のTCの対角線上にあります。黄河とかはTCの位置が2箇所のうちどっちかになったりするので、ウーランでしっかり探索してください。Ⅱ入り中に交易を建てるなら多分TCみにいく余裕はないと思います。

長々書いてしまいましたが、今回は「AoE3は限りある天然資源を奪い合う経済戦争ゲームなんや!」って思ってもらえれば十分ですw次回は、戦略の特徴を知ろう!でw
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。